CATEGORY

四川、陝西他/西安、竜門、楽山、峨眉

120、西安の旅、圧巻の兵馬俑。

水墨画留学の時の杭州暮らしをコロナ妄想的に振り返る話が続く。 つぎは兵馬俑に行く。 華清池からほど近いところにある。 兵馬俑も二度目の訪問だ。その時から新たに一俑坑増えて、今は三俑坑+1らしい。 えらく大きい。前に来た時より1個増えたらしい。 外観だけで圧倒される。 お城みたい。 それはそう、始皇帝の地下のお城やからそれはそれでいいのだ。 入り口は大混雑だ。ドライバーから、出口で待ってるから、好き […]

119、西安の旅、楊貴妃の華清池に行く。

水墨画留学の時の杭州暮らしをコロナ妄想的に振り返る話が続く。 本日の観光に出発。 さて、お迎えが来た。 今回は、ツアーとかではなくて、中国人の友人に頼んで、チャータ車を手配してもらっている。 事前に行きたいところを言っておいて回ってもらうのだ。中国の場合、こういうのはかなり安価である。ただし、正規かどうか、正規ってあるの?ってことを含めてようわからん。多分、問題が起きたら自己責任の世界なんやろ。 […]

118、西安の朝。「揚げパンと豆乳」から蓮湖公園あたり。

水墨画留学の時の杭州暮らしをコロナ妄想的に振り返る話が続く。 「揚げパンと豆乳」はとても美味しい。 とても良い店に行き当たった。 とても美味しい。 よう見てたら、油条(ヨウテャオ/揚げパン)は作り置きではなくて、目の前でどんどん揚げてる。 5、6cm角で厚さ数ミリ位の餅みたいなやつを油の中にジュッと放り込む。すると、一瞬で、ブワッと膨れて揚げパンになる。なるほど、普通、こうやって作ってたんか。知ら […]

117、西安の朝。西安小吃街あたりを散歩する。

水墨画留学の時の杭州暮らしをコロナ妄想的に振り返る話が続く。 中国のいつもの朝の風景。   旅の朝は気持ちが良い。 知らない街に来たらいつも1時間程度は散歩するようにしてる。その街のすっぴん素顔がわかるような気がするのだ。 なんとなくみなさん朝は無防備。まだ、目が覚めて無い? どこの国でも同じやけど。 それでも、いかにもこの国らしい生の風景を見てる気がする。 なんてことは全く無い。 さす […]

杭州お絵かき勉強日記-122 西安から杭州に帰る

さていよいよ西安の旅がおわって杭州に戻る時だ。朝が早い。大体7時過ぎの リムジンバスに乗っておきたいところだ。リムジンバスの乗り場までは歩いて 大体30分強くらい。地下鉄もあって一駅だ。6時半頃の時間帯に本数がどれ だけあるか心配なとこやけど地下鉄に乗ってみたい気持ちがあるんでこっちに かけてみよう。荷物もって歩くんはしんどいし。 地下鉄は最近できたのか新しい。杭州はまだやからこっちの方が進んでる […]