CATEGORY

墨絵作品

最近の作品のご紹介。「奥の細道」から、「立石寺」、「尾花沢」、「最上川」を墨絵に。

芭蕉の「奥の細道」をたどる絵を、墨絵に描いている。 「立石寺」、「尾花沢」、「最上川」の項に出てくるあたりを描いてみた。   尾花沢。 山形の山の中にある町。ここでかなり長期間滞在したらしい。 それほど居心地の良いところだったのだろう。  涼しさを我宿にしてねまる也  這出よかひやが下のひきの声 今では、その地の銀山温泉が超有名な観光地になっている。 わしは、今年の2月に雪見温泉と洒落て […]

最近の篆刻作品。蟋蟀(こおろぎ)のやつ。

詩經より、「蟋蟀入我牀下」を彫ってみた。 中国では、蟋蟀(こおろぎ)というのは特別な昆虫みたい。 天子の愛玩物的なやつみたい。 かなり昔、「ラストエンペラー」って映画を見たことがある。清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の話だ。 かれが、皇帝に即位したのは小さな少年の時だ。その時玉座で虫籠みたいな容器に蟋蟀を入れて 遊んでいた。それから時が流れて、いろんなことがあって、平民となった溥儀が紫禁城を訪れる 場 […]

水墨画、作品ご紹介、松尾芭蕉の「奥の細道」から「片雲の風」、「旅立ち」。

水墨画、作品ご紹介、松尾芭蕉の「奥の細道」から「片雲の風」、「旅立ち」。 松尾芭蕉の「奥の細道」の序に書かれている「・・日々旅にして、旅を栖とす。・・・片雲の風にさそはれて、漂白の思ひやまず・・」の心をオマージュしてすこしずつ描いている。 てなことで、シリーズをちびちびと描き続けてるのを少しずつ、紹介している。 今回は、こんなやつ。 「片雲の風」。 1番目のやつを今頃、紹介するのはおかしな話なんや […]

最近描いた墨絵作品のご紹介。「蓮爺さん」。

近描いた墨絵作品のご紹介。「蓮爺さん」。 まだまだ暑いですなあ。 あんまり、根を詰めてなんかをやる気がしいへん。 そういう毎日だ。 しかし、これに慣れてしもたらあかんのや。 てなことで、元気をだして、また、夏の絵を描いてみる。 なんか蓮の絵を描いてみたいなあと思った。 ついでになんかそんな感じの漢詩がないかどうか調べてみる。 手持ちの本では、なかなか気に入ったのが見つからへん。  あじあんじゃんく […]

最近描いた墨絵作品のご紹介。「平泉光堂」、「尿前の関」。

最近描いた墨絵作品のご紹介。「平泉光堂」、「尿前の関」。 芭蕉の「奥の細道」の旅へのオマージュみたいな絵を描いています。 概ね、奥の細道の順番通りに描いてはいるけど、ブログにアップしたりするのはバラバラになる。 こちらの都合。 気ままにアップさせていただく。 今回は、「平泉光堂」と「尿前の席」。 まず、「平泉光堂」。 本文の平泉の章。  三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有。  ・・ […]