CATEGORY

紀行文

兵庫県立美術館などに行った話。大阪まで戻って「NONSY」でジャズを聴く。

呉昌碩を見た後は。 さて、美術館でたっぷりとアートの気をいただいた。 いろいろとインスパイアされた気分になっている。 さて、これからどうしよう。 大阪の京橋まで行って、こないだ見つけた、とても良い音を聞かせてくれる「modern JAZZ NONSY」に行ってみよう。 あじあん さて、ルートを考える。  幸いなことに、阪神電車も阪急電車もJRも駅がわりと近くにある。どれでも選び放題である。 なるべ […]

兵庫県立美術館などに行った話。兵庫県立美術館で「呉昌碩展」。

おいしいランチを食べて大満足。 では、美術館に向かう。 なんだか入り口がわかりにくい。西からか東からか、どっちにしてもぐるっと回り込んだとこにあるみたい。 なにせ、超有名建築家の設計になるもの。そう簡単には入れないのだ。 あじあん 中に入ったらますます異空間。 なんとなく圧倒される。ありがたや。 いろんなとこが、すぐには見通せないようになってる。謎の空間。 チケット売り場を見つけた。 なんと、老人 […]

兵庫県立美術館などに行った話。昼飯はJICA関西食堂で。

兵庫県立美術館に行く前に。 この日は、兵庫県立美術館へ行こうと思った。 呉昌碩という、中国、清代末期の高名な書家であり篆刻家の展示会があるらしい。 とても興味がある。 美術館も興味がある。初めてだ。 てなことで、九度山から難波に出て、阪神電車に乗る。 最近は、神戸方面に行く時は、もっぱら阪神電車に乗る。難波から1本で行けるのがとても嬉しい。 とは言え、尼崎で乗り換え。御影で乗り換え。小刻みに乗り継 […]

富山、宇奈月方面に旅した話−08、高岡駅から富山駅まで。

高岡駅から富山駅まで。 さて、高岡駅についた。 ここから新高岡まで在来線で行って、そこから新幹線に乗る予定だ。 北陸新幹線は先ほど、金沢から新高岡まで乗ったのが初経験、もひとつ関連性がようわかってない。 大阪駅と新大阪駅みたいなもんか。しかし、乗車券が在来線と新幹線が別路線なのがややこしい。気になって、調べてみたら、今からやと高岡から富山まで直接在来線で行った方が早いし、安い。 てなことで、新幹線 […]

富山、宇奈月方面に旅した話−07、路面電車で高岡駅まで。

雨の中、電車は走る。 やれやれ、もう雨の中を歩かんでええと思うとほっとした。 車内は暖かい。温もりで窓が曇ってる。 停まるたびに人の出入りがある。 だんだん街中に入っていく。 先に行くにつれて、乗ってくる人の方が多くなる。街の人の普段使いの足になってる。 ええですなあ。 もう大分乗った。 坂下町とか片原とかの駅をすぎていく。 あじあん 山町筋(重要伝統的建造物群保存地区) 今回、見にいく予定だった […]