このブログはアドレス変更後の新しいブログです。ブックマークの変更をお願いします。元のアドレスからリダイレクトできています。

インド、ダージリン、シッキム遊-23、山を下って州境へ

歓喜の行のありがたいお姿がまだ目の中に残っている。ありがたや。ありがたや。
と唱えながらひたすら道を下る。今日の行程は山を三つではなくて、一つ下った
ら川に沿って下の道を行って、最後にダージリンのある山に登っていくようだ。

sakai130807-1

今までの山の上の道と違って上り下りは少ないし、常に川を見ながらの道中は
気持ちがいい。

sakai130807-2

しかし道路は結構荒れている。高低差は少ないが揺れるのは変わらない。それ
にインドでは山道でも結構強引に追い越しをして行く。
わしらの車とて例外ではない。ぷーぷー鳴らしながらどんどん追い越していく。
結構きわどいと思わないではないが皆さん平気でやっている。山の多い地域や
からジープやトラックが多いけど、軽四も多い。中でもスズキの軽が頑張って
いる。追い越すかどうか、早く走るかどうかは車の大小の問題ではなくて、気
力の問題なんかもしれん。わしらの車が追い越す場合もあるし、追い越される
時もある。軽でもどんどん追い越してくる。
殆ど舗装してない道路を抜きつ抜かれつ、まるでラリーみたいな走行だ。

sakai130807-3

村も通れば、お寺も通るし、橋も渡る。
そうこうするうちにちょっとした集落のあるところに出た。

sakai130807-4

この道路、国道であるはずやけどがたがたの山道ではある。PAやらSAと言った
ものがある気配は全くないけど、ガソリンスタンドがあって、自然発生的な休
息所になっている。水を買って、トイレに行ける。

sakai130807-5

ちょっと一服するのにちょうどええ。

こっからもう少し先に進むと州境に出た。
結構厳しいみたいだ。
ガイドさんがわしらのパスポートを持って手続きに行ったがかなり時間がかか
ってる。

sakai130807-6

待ってる間にうろうろしてたら立て看板があった。
中国人、ミャンマー人、パキスタン人、ナイジェリア人は特別な許可がなけれ
ば入れないと書いている。こういう国といろんな問題を抱えてるんやなあ。

sakai130807-7

でも、入れなくても出るだけやったら問題ないんとちゃうやろか?
後で聞くと、日本人であってもどこへ行って、何をしたか? 中国との国境に
行かへんかったんか? 何で行かへんかったんやとか色々聞かれたそうだ。
何で行かへんかったんや? と聞かれてもねえ。


より大きな地図で ペリンからダージリンへ を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。