このブログはアドレス変更後の新しいブログです。ブックマークの変更をお願いします。元のアドレスからリダイレクトできています。

インド、ダージリン、シッキム遊-07、シッキム、ガントクへ

バグドグラの空港に着くと、例によって紙に名前を書いてお出迎えが来ている。
もちろんわしらの名前もあった。「これわしらや」と指差すと、ようきたと握
手をしてくれて、荷物の預かりタグを出せという。代わりに荷物とっとくから
あっちで待っとけという。あんな小っちゃな数字だけで識別するんかいな?
恐るべき視力やなあ。
やっぱりこちらにきてもわれわれだけだ。これからずっと我々だけのツアーが
続くのだ。ラッキーやなあ。かなり北、かなり高地に来ていると思うんやけど
えらい暑い。ガイドによれば久しぶりの暑さやと言う。これから数時間の車の
旅だ。どうなることやら。
ここでちょっと気がついたけど、デリーのようなチップ騒ぎはなくなってた。
チップが必要なのはそうなんやけど、事ある旅にわっと集まってきてチップを
要求するというのはない。身構えてたけど普通なんで安心した。
空港を出た車は国道31Cから国道31Aへひたすら北に向かう。
しばらくの間、道は広くて平坦に近い。けど景色が大分違う。

kuruma130708-1

インドに来て驚いたのは、殆どどんな車にも人が一杯乗っていると言うことだ。
大体シート一列に間違いなく4人は座ってる。しかもシートの列数も多いような
のだ。通り過ぎるやつをざっと数えても、ジープやなんかは4列は必ずあるし、
それぞれ4人ずつで16人、屋根の上にも数人で20人以上は乗っているという事に
なる。

kuruma130708-2

こんな軽ワゴンでも何人乗っている事やら。まさかこれって乗り合いタクシー?
あんまり暑いんで、サリーのおばちゃんたちも、自転車のおっちゃんも日傘をさ
している。

kuruma130708-3

ここでもコカコーラとペプシコーラの争いなんか?
そしてお決まりの牛が登場だ。

kuruma130708-4

やっぱり道路の真ん中を気持ちよさそうに歩いている。
インドでは牛が一番えらいのだ。

だんだん山道に入って来た。このまま山を越えてシッキム州、昔のシッキム王
国の首都、ガントクまで行くのだ。
森林地帯に入ると、ガイドが、この辺の山の中では時々虎が出ると言う。
「虎かいな?」と思うが、このあたりはベンガル地方、ベンガル虎が出ても不
思議はないのだ。
時々、象も出ると言う。「象かいな?」とも思うが、インド象と言うくらいだ。
象がでても不思議はない。
しかし、目をこらして見ても何も出ないで車は進む。


より大きな地図で バグドグラからガントクへ題 を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。