このブログはアドレス変更後の新しいブログです。ブックマークの変更をお願いします。元のアドレスからリダイレクトできています。

台湾列車で、ほぼ一周の旅ー31、九份の茶館にて

バスを降りると皆さんぞろぞろと商店街に向かう。われらもその後を着いて行
く。しかしまだ時間が早いんでどの店も開店してない。ここはすらっと通り過
ぎて先に行こう。商店街を抜けて、階段を降り始めたらすぐによく写真で見る
建物が目についた。

「千と千尋の神隠し」のアニメに出てきたような雰囲気の茶館だ。まあついで
やし、折角やから入って見よう。まだ早いから客は少ない。ずずずっと上に、
更に上に、一番屋上に案内された。

なかなか見晴らしがええ。
ちょうどきざはしの席だ。一番ええ席の一つやね。
ご注文は?と言うと、「お茶のお菓子のお決まりセット」みたいなのがほぼ必
然的と言う段取りだ。一人300NTとえらい高いけど、単品やともっと割高感が
ある。まあ観光代やね。

これで本格的に工夫茶をやってくれるんやろ。

お菓子のセットはこんなの。まあ甘いことは甘いけどね。
これやったら隣の茶館に行っても良かったかも知れんなあと思う。隣からこっ
ち見たほうが観光としてはええんかもしれんやんか。

でも皆さん圧倒的にこっちにくる。
バスで来たんやろう、団体さんがどんどん入ってきた。
まあ高いお金払ったんやからゆっくり茶あ飲んで、お菓子食べて、スケッチし
てしっかり時間を使おう。
と言うてもお茶のんでお菓子食うくらい、そんなに時間かからへん。ぐずぐず
喋っても間がもたん。お客も一杯になってきたし、そろそろ出よう。
この斜面を下りながら観光するんやね。

古い映画館がある。

悲情城市はこのあたりで撮ったらしい。暗いけどいい映画やった。
古い映写機が。

振り返ったらえらい人だ。

でもまあ大体これで殆どは終わりかも。


より大きな地図で 瑞芳駅、九份 を表示

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。