このブログはアドレス変更後の新しいブログです。ブックマークの変更をお願いします。元のアドレスからリダイレクトできています。

東北、奥の細道の旅-09 作並温泉の露天風呂

さて仙台の夜は、山寺の近くの作並温泉まで行って露天風呂に入ろうというの
が計画であった。
作並は仙台と山形の間にあるとは言え仙台からそれほど時間がかかるわけでは
ない便利なところにある。しかしまるで山の中にあるので周りの山には雪があ
る。それならば露天岩風呂というのは雪を見ながらということになる。
なかなかええではないか。
宿で聞いて見ると今の時間帯は男女混浴だと言う。
ぎくっとなる。そんなことでときめいてたのは昔の話だ。
今は恐ろしい。肉食おばちゃん軍団がいてはったら草食じいさんなんかひとた
まりもない。くわばらくわばら。
しかし多分そんな心配はいらない。女性専用の時間帯もちゃんととってあるの
だそうだ。そんなら何を好んで混浴にくるものか。
でも心配やなあ。
岩風呂というだけに、えらい階段を降りていかんとあかん。囲いはあるが結構
寒い。服を脱ぐと余計寒い。
さっさと湯に入ろう。
さすがに良い眺めだ。風呂の横を谷川がどどっと流れてる。
予想通り雪景色だ。ええ感じだ。
外にも湯船がある。外にでて漬かってたらまるで自然の中に裸で居る感じだ。

気持ちがいい。
しかし寒いから又中に戻る。
景色がええんでスケッチしたり写真とったりしたいけどここは風呂場やから、
それはあかんやろ。しゃあないからよう覚えて帰ろう。

旅館の外はこんな感じ。
雪国に来たと言う気になってくる。
やっぱり雪国に来たら温泉があって露天風呂があるのがええなあ。

それで一夜明けたら、山寺へ向かう。
駅に着いた。

これもええ感じ。
朝早くと夜は無人になるらしい。整理券を取って到着駅で精算するのだ。

ホームにも雪がある。

山寺が心配になってきた。えらい雪と氷なんちゃうやろか。

ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。